スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大人の反抗期

(2013-04-06)
お姫様ごっこ絶賛継続中です!
どっす黒い感情が出てきたら、聞いてよ執事~!!!って執事に愚痴って全肯定してもらう日々ww
一通り姫=インチャが落ち着くと、執事は甘えさせだけじゃなく、ちょっと冷静に諭してくれたりもします
言霊が自分に返ってくるってのも、感謝が大事なのもわかってるけどさ~
そんな理屈、インチャはすぐに受け付けられないのよ。
だから、執事で発散して、冷静になると、ああ、こういう所ありがたいよね~って見えてくる。
全然見えてこなくて気分が最悪な時は、そのままでいいんだよってまたまた全肯定です

これってほんと、親にしてもらえなかった事なんだろうなあ~としみじみ。
頭では「親だって完璧じゃないんだし」って知ってるけど、満たされないものがいっぱいあるみたいです

姫様の声をきちんと聞いていくと、やっと私って、思春期の時「反抗期」してないじゃん!!!
って気づきました
反抗期って、人生の大事なイベントですよね。
私は、息子が反抗してくると、すっごいイラつくんだけどwでも反抗期があるのが嬉しいです。
中学生になったら、是非ともくそババアって罵って頂きたい!
絶対いらつくだろうけどねwww

で、ひっそりと反抗期な姫様が、今何を望んでいるのかと言うと…。
「親元を離れたい」
という事でした。
先日の記事でも触れましたが、私が結婚したのは色々と打算というか計算がありました。
素直に認めます(もちろん、それだけじゃない部分もあるけどね)
「とにかくこの地獄のような家を出たい」
その一心でした。
で、旦那と新居を探しに行こうとしていた矢先に、母が交通事故で亡くなりました。

その後、ゴタゴタが落ち着くと、あ、そうだ。
お父さん一人になっちゃうし、ペットも居るし、旦那は三男だし。
このまま旦那に住んでもらって同居しちゃおう!
そしたら色々助け合えて便利だし!とひらめき、今に至ります。
この時の私は、全然気づいていないんですよね。
自分が、「親を喜ばせるために自分の希望を殺して道を選んでる」ということに。

一度母が亡くなる前に、結婚するから家を出て行くよと言うと。
母は、病気を抱えながらも「娘には幸せになって欲しいから応援するよ」と言ってくれました。
が、父はというと、スネて無視。
……これなんです。昔からいつもこう。気に入らないと、拗ねて無視
こうする事で、娘に無言の圧力をかけているんですよね~~~
それを真に受けるのが、親の気いる様にするのが正しい、って洗脳されちゃってたから
気づくの遅くなったけど。

育ててもらった事には(金銭的な事や、母が元気だったころ食事を与えてもらったことなど)
もちろん、感謝していますが。
私は、ずーっとずーーーーっと!
「引越し」してみたかったんです
自分の目で見て家を決めて、自分で選んだ必要なものだけに囲まれてシンプルに暮らしたいんです

「家があるだけありがたいと思え」「もっと苦労してる人間は山ほどいる」「お前にはそんな能力ないから無理」
こういう「悪い執事」の声は無視です無視w

だってさ、私ずーっと父から「バカ」「ブサイク」「ブタ、デブ」「世間知らず」etcetc…
こんな言葉ばっかりかけられて育ちましたから。
そりゃ、旦那に「可愛いよ」とか「愛してる」とか言われても、
「はあ!?口だけならなんとでも言えんだよなんか裏があるに違いない!証拠みせろ証拠!」
ってなって、素直に受け取れないんです
最近はこれに気づいたので、頑張って修正してますが。
大変ですよホント…普通に愛されたかったっす。

でもね、人って性格をそんな簡単に改善できないし、人を変える事はできません。
父もそうやって見下されて育ったんだろうし。
だったら、もうヤダ、って思うんなら、自分が距離を置かなきゃねと思います。
息子にも影響出たらいやだし。一生懸命フォローしてますけど、「バカ」ってもう父の口癖みたい。


もうすぐ幼稚園も始まるし、ちょっとハードな生活になりそうですが。
頑張って空き時間にバイトして、引っ越し資金貯めよう
という目標ができました
現代は男性が独り暮らしするにしても、便利な物やサービスが沢山あるしね
というか、なんとなく、離れた方がお互いいい方向にいくような気がします。
供依存から脱出するぞ~!
「バイトしようと思う」って言うと絶対「子供育てながら無理無理」って言われるので、そんなん無視よ
多分手元に置いておきたいんだろーね、ってのが丸わかりです。
しかし私はお前の嫁でもなければ便利な家政婦ではないぞと。
うーん、ずっと「私はお母さんに愛されなくて辛い思いをしたお父さんが好き、大事にしたい」
って思ってたけど…実はこんなん抱えてましたーみたいなw
今は、親がつらい目にあったのは自業自得だと気づきました。


おちんさんの所で、「「離れる」という事が課題の人がいる」ってあったけど、私これかもって。
ひっそりこっそり反抗期、頑張ります
親の事は、助けれる範囲で助けますが、まずは自分を救いますよ
そして自分の子供には「親の事など気にせず好きな事しなさい」と言える親でありたいです

スポンサーサイト


プロフィール

めんぼう

Author:めんぼう
楽しく楽ちんに生きて行くにはどうすればいいかを研究している、一児の母です。
マインドブロックバスターにおれはなる!
ゲーム・漫画・コーヒー・猫・服が大好き!なインドア人間です☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

悠久のサイクルの中で

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。