スポンサーサイト

(--------)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


機能不全家庭育ちの割には、頑張っている

(2013-03-27)
陰謀論とかスピリチュアルっぽいこととか、のほほん日記とか、色々書いて来た当ブログ。
さっき突然決めたんですけど、これからは、せっかく機能不全家庭に生まれたんだから、
貴重なACっぷりでも記録してみるかw
と思い付いたので、コツコツ書いて行こうかと思います

どうして、私はいつもニコニコ穏やかなママが続けられないんだろう?
なんとかテンションを上げて育児をしても、すぐに疲れて、イライラするし。
どうしても時々息子に八つ当たりして、ほっといてよ、あっち行って、とか言ってしまう。
すごく愛しているし可愛いはずなのに、イライラ時に傍に寄って来られたり、
子供の体が私に触れただけでものすごい嫌悪感を感じたり。
ひどい時には誰か息子を代わりに育てておくれ、私は一人でひっそり生きたい…とかよぎったりですね。
そんな日々です。
息子の事、大好きで大切だけど、ACの私に育てられてることがもう、不憫で。
結婚前にACのこと、知りたかった…。
そしたら多分、結婚も出産もしてないかも。
「30までには結婚」って思いこんでたし、今の彼を逃すと私なんかにはもう誰も寄ってこないだろう、
という思考からの結婚だし。
(話し合ってみたら、旦那もそうらしいw)
まあ、出産後に色々な情報に出会って今があるから、これでいいんだろうけど。
子供を産むのは必須課題だったかもしれないしね

表面を取り繕っても、心の底では母と子は繋がっていて、黒い面も伝わっちゃうんだろうなあ。

だから、ついつい毎日、あちゃ~またやっちゃった…てなる。
なるんだけど、掃除したりしてクールダウンしてから、息子に謝って抱きしめる事にしています
今日はもう、説明しちゃいましたw
ママね、子供の頃褒められて育ってなくて、いつも誰かと比較されて貶されて育ったから、
普通の育児がわかんない。
ついイライラしてごめんね、でもママ、ぼちぼち頑張るからね。
大好きだよ、本当に大好き!って言いながら息子をぎゅ~
感情が高ぶるのでもちろん泣きながら。
すると、息子がティッシュを持ってきてくれました
ああ~~~~大好きだよ息子~~~~

もう、教科書のような母親になんてなれないけど、私は育ってきた環境が異常だった割には、
ものすごーっく!よく頑張っている!!!
私が自分で、自分を認める!
そうすることにしました

お姫様ごっこをやってみて、どんだけ自分がひねくれてんのかって事にも気づき始めましたw
旦那が愛情表現してきても、「どうせお世辞でしょ」
みたいにしか受け取れない自分を発見。
とにかく自分が愛されるわけないと思っているから、他人を信じられない。
どうせみんないつか離れていくんでしょ。
みたいな
でも、そうやって突っぱねてると、旦那と息子が何スネてんの~m9(^Д^)9mプギャー!!
ってケタケタ笑ってくれるので、なんかこっちもアホらしくなって笑ってしまいますw
あれ?お世辞じゃなくてホントに好いてくれてんのかな?
信じてみるか…みたいな。
信じて裏切られるのが相当怖いんでしょうね~
でもそこは、どう改善したらいいのかわかんないので、
とりあえず身近な家族の好意は素直に受取ろうかと
お姫様ごっこという方法は、私に最適なインチャケアだと思う。
けど、「自分と対峙する」って、これ自体がもう、ほんっとキツイですね


『こんな私なんて、どうせ』がめっちゃ潜在意識にこびりついているので、
とにかく今はこの悪者執事を追い出すのを頑張ってます

だってね、将来息子が結婚したいと思って、結婚したら。
その時のお嫁さんになるべく迷惑かけたくないです。
息子にはやっぱり、幸せになって欲しい。
そして私も幸せに向かって歩いて行きたい。

四月から幼稚園!
べったり育児四年間、おつかれわたし~
しっかり自分と対話して、子育てしつつ、これだ!っていう天命を生きたいなあと思います。
早く見つけたいけど、焦らず行こうっと。
スポンサーサイト


プロフィール

めんぼう

Author:めんぼう
楽しく楽ちんに生きて行くにはどうすればいいかを研究している、一児の母です。
マインドブロックバスターにおれはなる!
ゲーム・漫画・コーヒー・猫・服が大好き!なインドア人間です☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

悠久のサイクルの中で

シドニーおちんの、これが今の精いっぱい
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。